ダイバーシティ能力検定
「ダイバーシティ能力検定 」とは

「ダイバーシティ能力検定 」とは

 
ダイバーシティ能力検定

現代社会における最大の焦点は、ダイバーシティ(多様性)との共生です。この時代において、平和で発展可能な社会を築くために必要なのは、「人間力」であり、それはまさに「ダイバーシティ能力」に結びついています。このコンセプトを「生きる力」として視覚化する手段として生まれたのが、「ダイバーシティ能力検定」です。この検定を通じて、ダイバーシティに関する意識、知識、教養、および行動力を客観的に評価することが可能になりました。

「ダイバーシティ検定」には、ダイバーシティマネージメント、多文化共生、人権、SDGsなど、広範で包括的な内容が含まれています。「ダイバーシティ能力検定」は、「ダイバーシティ能力」にとどまらず、「多文化共生能力検定」や「人権能力検定」としても適用されています。

この検定は、個人だけでなく、学校・大学、企業などの団体も受験に活用しています。合格者には「ダイバーシティ能力認定書」が授与されます。これにより、個人や組織がダイバーシティに対する理解と対応力を向上させ、より包括的で公正な社会の実現に寄与することが期待されています。

ダイバーシティ能力検定

ダイバーシティ能力検定

ダイバーシティ能力検定